GMジャパンAlways the best PC Life

SUPPORTGMJサポート情報

2021.05.20

GLM-10-128 2in1タブレットPCをUSBメモリからOS再インストールする方法

対象機種:型番GLM-10-128    10.1インチ ノートパソコン

 

■OS再インストールに必要なUSBメモリ(お客様にて別途ご用意ください)

 

OS書換え用USBメモリ(16GB以上)× 1本

 

■この方法は弊社製品GLM-10-128 のみご利用可能です。

パソコンの型番をご確認いただき下記の手順に従い、操作を進めて下さい。

◆この記事では左クリックを「クリック」と表記し、マウスまたはタッチパッド右端をクリックすることを「右クリック」と表記します。

この対策方法では、パソコンのリカバリが行われます。パソコンは初期化されますので、データはすべて消えます。個人で作成したファイル類はバックアップを取り、実行してください。

操作手順

1.OSファイルのダウンロード

10-128  OSファイル   → こちらをクリック、ダウンロード(10-128-OS.zip)

 

2.OS書換え用USBメモリ(16GB以上)の準備

OS書換え用USBメモリ(16GB以上)をパソコンに差込む

 

2-1.OS書換え用USBメモリをフォーマットする

①デスクトップ下部のタスクバーからエクスプローラーをクリック

②エクスプローラー左側に表示された「PC」をクリックし、「デバイスとドライブ」に表示されたUSBメモリを右クリック

③右クリックメニューで表示された「フォーマット」をクリック

 

2-2.ファイルシステムを指定する

① ファイルシステムを「NTFS」へ変更

② ボリュームラベルに半角英数で「WINPE」と入力

③ 「開始」をクリック

 

2-3.フォーマット完了

下記が表示されたらフォーマット完了です。

 

 

2-4.   ダウンロードしたOS書換え用ファイルのコピー

①手順2-②でダウンロードしたOS書換え用ファイル(10-128-OS.zip)ダブルクリックでを開く

②「CTRL」キー+「A」キーでフォルダ内ファイルをすべて選択する

③選択されたファイルを、右クリック > 「コピー」を選択

 

 

2-5.OS書換え用USBメモリの完成

①デスクトップ下部タスクバーからエクスプローラーをクリック

②エクスプローラー左側に表示された「PC」をクリック> 「デバイスとドライブ」に表示されたUSBメモリをクリック >何も表示されていない空いてるところで右クリック > 「貼り付け」を選択

 

2-6.コピー完了後、USBメモリをパソコンから取り外す。


3.本体をシャットダウンさせる

①デスクトップ画面左下「スタート」ボタンをクリック

 

②表示されたメニューの「電源」をクリック >「SHIFT」キーを押しながら「シャットダウン」をクリック

 

③全ての電源ランプが消えるまで、しばらくお待ちください。


4. OSリカバリの実行

①パソコンの電源ランプがすべて消えたことを確認し、電源ケーブルをパソコン本体に接続し、給電を確保する

②手順2以降で作成したOS書換え用USBメモリをパソコンに差し込む

③電源ボタンを3秒ほど長押しし、電源を入れる ( 電源ランプが点いたら指を離してください)

④「GM-JAPAN」メーカーロゴが表示されたら「F7」を何度も押す

④表示されたブートメニューの中から、「UEFI」を矢印キー(↓)で選択し、エンターキーを押す

⑤リカバリが自動で開始します。しばらくお待ちください。

⑥ データ書き込みが進行し、 C:\WINDOWS\system32 と書かれた画面が表示されたら「exit」と入力 > エンターキーを押す

⑦数回の再起動が実行されます。しばらくお待ちください

⑧リカバリが完了すると、デスクトップ画面が表示される

⑨デスクトップ上のショートカットアイコン「CleanupTesttool」をダブルクリック

 

警告が表示された場合は[実行]ボタンを押して進めます。デスクトップ上の不要なファイルは自動で削除されます。

 

上記操作完了後、操作不具合対策ソフトのインストールが必要、詳細は 

https://www.gm-japan.co.jp/support/faq/post-2322/ をご参考お願い致します。

 

 

操作不具合対策ソフトインストール、再起動でOSリカバリが完了です。

ご不明な点がございましたら、https://www.gm-japan.co.jp/contact/ までご連絡ください。

製品やサポートに関するお問い合わせはこちらから