製品取扱の注意点

商品が到着したら、「GM-JAPANはじめてガイド」
をよく読もう

GM-JAPANはじめてガイドには製品の正しい使い方や点検の仕方、故障の見分け方など重要なことが書かれています。取扱説明書をよく読んで、製品を安全に正しく使いましょう。

GM-JAPANはじめてガイド
  • 商品到着後の
    設定方法
  • 初期設定時の
    動作遅延
  • バッテリー
    長持ちの秘訣
  • ご利用上の
    注意点
  • 製品保証
    範囲
  • ネットワーク
    接続
  • トラブル
    シューティング
  • キーボード
    入力について

ご使用上の注意事項

  • 薬品や殺虫剤などをかけない
    薬品や殺虫剤などを
    かけない
  • 高温多湿の環境では保管・使用しない
    高温多湿の環境では、
    保管・使用しない
  • パソコンの上に重たいものを置かない
    パソコンの上に
    重たいものを置かない
  • 水に浸した布を固くしぼって拭きとる
    水に浸した布を
    固くしぼって拭きとる
  • パソコンを分解しない
    パソコンを
    分解しない
  • 静かに置く
    静かに置く
  • ディスプレイは静かに閉じる
    ディスプレイは
    静かに閉じる
  • 火のそばへ置かないでください
    火のそばへ
    置かないでください

推奨使用環境と保管場所

温度 5~35℃ 湿度 20~80

下記に該当する場所での使用や保管はお控えください

  • 直射日光の当たる場所
  • 非常に高温または低温になる場所
  • 急激な温度変化のある場所(結露を防ぐため)
  • 強い磁気を帯びた場所(スピーカなどの近く)
  • ホコリの多い場所
  • 振動の激しい場所
  • 薬品の充満している場所
  • 薬品に触れる場所

バッテリー長持ちの秘訣

  • 間違えた使い方
  • 正しい使い方

ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせる秘訣は、「使用していない時は充電しない」ことが大切です。
また、バッテリーが40%以下の空の状態で放置してしまうと、電池が劣化してしまい、長く使用することができなくなります。

使用する時のみコンセントに挿して使用し、バッテリー残量を80%以上でキープするようにすると、電池が痛まず長く使うことができます。
なお、バッテリー不良の商品だった場合、購入日より1年間無償でバッテリー交換しております。

※使用中に本体の底面や AC アダプタが熱くなることがあります。
本体の動作状況により発熱しているだけで、故障ではありません。

パソコンのメンテナンス方法

  • 電源コード

    電源コード

    電源コードのプラグを長期間にわたってACコンセントに接続したままにしていると、プラグにホコリがたまることがあります。定期的にホコリを拭き取ってください。

  • キーボード

    キーボード

    • 定期的に乾いたきれいな布で拭いてください。
    • 汚れがひどいときは、濡れた布を固く絞って拭きます。
    • キーの隙間にゴミが入ったときは、お掃除スライムや掃除機などで取り出してください。
    • 飲み物など液体をこぼしてしまった際は、すぐに裏返しにして、電源ケーブルを抜き、バッテリーを外して、余分な水分を拭き取り、乾かしてください。※電源は入れないでサポートにご連絡ください。

データのバックアップ

重要な内容は必ず、定期的にバックアップを取って保存してください。

バックアップとはハードディスクやアプリケーションの故障などでファイルが使用できなくなったときのために、定期的に外付けハードディスク(USBメモリやSDカードなども含む)にコピーしていただくことを推奨します。

本製品は次のような場合、スタンバイ機能または休止状態が無効になり、
本体内の記憶内容が変化し、消失するおそれがあります。

  • 誤った使いかたをしたとき
  • 静電気や電気的ノイズの影響を受けたとき
  • 長時間使っていなかったために、バッテリ(バッテリパック、時計用バッテリ)の充電量がなくなったとき
  • 故障、修理、バッテリ交換のとき
  • バッテリ駆動で使用しているときにバッテリパックを取り外したとき
  • 増設メモリの取り付け/取り外しをしたとき

記憶内容の変化/消失など、ハードディスクやフロッピーディスク、CD-R、CD-RWなどに保存した内容の損害については、当社は一切その責任は負えませんので、予めご留意ください。

パソコンを持ち運ぶ際のご注意点

持ち運ぶときは、誤動作や故障を起こさないために、次のことを厳守してお使いください。

  • 電源は必ず切ってください。電源を入れた状態、またはスタンバイ状態で持ち運ばないでください。
  • かばんなどにパソコンを収納するときは、必ず電源が切れていることをご確認ください。
  • 急激な温度変化(寒い屋外から暖かい屋内への持ち込みなど)を与えないでください。
    やむなく急な温度変化を与えてしまった場合は、数時間たってから電源を入れるようにしてください。
  • 外付けの装置やケーブルは取りはずしてください。
  • 落としたり、強いショックを与えないでください。
  • 日の当たる自動車内に置かないでください。故障の原因になります。
  • ディスプレイを閉じてください。
お得なキャンペーン実施中!
お得なキャンペーンバナー